ホーム藤原武男の研究室 > 暴力の連鎖:日本の母親における、子ども時代の被虐待歴、家庭内暴力と不適切な養育

お悩み聞かせて下さい(子育て質問箱)

おやこはいま

藤原武男の研究室

暴力の連鎖:日本の母親における、子ども時代の被虐待歴、家庭内暴力と不適切な養育

本研究の目的は、日本の母親において、子ども時代の被虐待歴、家庭内暴力被害、そして精神的問題が、様々な形の不適切な養育(身体的・心理的虐待及びネグレクト)に与える影響を明らかにすることです。

日本全国83の母子支援施設に入居している304人の母親に自記式のアンケートを配布・回収し、母親の子ども時代の被虐待歴、家庭内暴力被害、現在の精神的問題、及び、母子支援施設入居前の母親の不適切な養育行動を調べました。施設入居前の母親の不適切な養育行動に関しては、子ども時代の被虐待歴、家庭内暴力被害、そして精神的問題は、子どもへの身体的及び心理的虐待と有意に、かつそれぞれ独立して関連していました。子ども時代の身体的又は心理的被虐待歴は、自分の子どもに対する身体的又は心理的虐待と関連する一方、ネグレクトにはその関連は見られませんでした。本研究により、日本における身体的・心理的子ども虐待の世代間連鎖が確認されました。

Fujiwara T, Okuyama K, Izumi M. The cycle of violence: childhood abuse history, domestic violence and child maltreatment among Japanese mothers. Psychologia. 2010;53(4):211-224.