ホーム藤原武男の研究室 > 暴力的な夫・パートナーとの別居後に母親の養育行動の改善に寄与する要因

お悩み聞かせて下さい(子育て質問箱)

おやこはいま

藤原武男の研究室

暴力的な夫・パートナーとの別居後に母親の養育行動の改善に寄与する要因

日本において、暴力的な夫・パートナーとの別居は母親の養育行動を改善するという仮説と、子ども時代の被虐待歴、家庭内暴力被害、精神的問題、又はパートナーによる子ども虐待及び他の属性要因がどのように別居後の母親の養育行動に影響するかという仮説の二つを検討しました。

日本全国83の母子支援施設に入居している304人の母親に自記式のアンケートを配布・回収し、母親の子ども時代の被虐待歴、家庭内暴力被害、現在の精神的問題、及び夫・パートナーによる子ども虐待を調べました。また、施設入居前後の身体的・心理的虐待、ネグレクト、子どもと遊ばない、子どもを褒めないといった母親の不適切な養育行動も同時に調べました。

暴力的な夫・パートナーとの別居後、不適切な養育の総合点(特にネグレクト、遊ばない、褒めない)は、有意に低くなっていましたが、逆に心理的虐待は有意に増加していました。母親の子ども時代の被虐待歴、家庭内暴力被害、及び現在の精神的問題は入居後の不適切な養育の総合点の低減とは関連していませんでした。夫・パートナーによる子ども虐待は母親による不適切な養育の総合点の低減と独立して有意に関連していました。これは、夫・パートナーによる子ども虐待が10%増加すると、別居後の母親による不適切な養育が5%低減しているということを示します。
また、婚姻状態も母親の不適切な養育の総合点の低減に関連しており、パートナーと未婚でいた母親に比べて結婚している又は離婚した母親ではこの低減の幅が小さくなっていました。

このことから、母子支援施設は母親の養育行動を改善するにあたって有用な施設であると言えるかもしれません。

Fujiwara T, Okuyama M, Izumi M. Factors that contribute to the improvement in maternal parenting after separation from a violent husband or partner. Journal of Interpersonal Violence (IF2011=1.639). 2012;27(2):380-395.