ホーム藤原武男の研究室 > 中国・江蘇省におけるヘロイン乱用者に対するメタドン維持療法の効果に関する研究

お悩み聞かせて下さい(子育て質問箱)

おやこはいま

藤原武男の研究室

中国・江蘇省におけるヘロイン乱用者に対するメタドン維持療法の効果に関する研究

中国・江蘇省は南京市のある省で、近年の経済発展に伴い薬物乱用が急増しています。薬物乱用者に対しメタドン維持療法が有効であることは知られていますが、その有効性が中国でも効果があるかどうかはまだ不明でした。そこで、この論文では、ヘロイン乱用者に対しメタドン維持療法を行うことで、薬物乱用に関連する行動(ヘロインの使用、危険な性行為、反社会的行為、社会・家族関係の悪化、HIV感染)を抑えることができるか調べました。

 

その結果、メタドン維持療法は中国・江蘇省においても抑えることができ、メタドン維持療法は効果があることがわかりました。また、この効果は、乱用者の属性(性や年齢、教育歴など)によらないことがわかりました。

 

Chen G, Fujiwara T. Impact of one-year methadone maintenance treatment in heroin users in Jiangsu Province, China. Substance Abuse: Research and Treatment. 2009;3:61-70.

この論文について

■ Libertas AcademicaのオンラインジャーナルであるSubstance Abuse: Research and Treatmentに掲載されました。