ホーム子育てを考える子育て質問箱 > 【2歳・感染症】 子どもが通う保育園で、手足口病が流行っていると聞きました。まだかかったことがないのですが、どんな病気なのでしょうか?

おやこはいま

藤原武男の研究室

子育て質問箱

【2歳・感染症】 子どもが通う保育園で、手足口病が流行っていると聞きました。まだかかったことがないのですが、どんな病気なのでしょうか?

☆をクリックすると記事に投票できます。

147

夏に流行する夏カゼの1つです。保育園など子どもの多く集まる場所で流行が広がります。この病気は、文字通り手と足に水疱が、また口内炎ができます。水疱は口の周り、お腹、背中までできることも。37℃~38℃程度の発熱が多いですが、高熱になることもたまにあります。

水疱は1週間前後で自然に消失します。また口内炎が痛いために食欲が落ちることがありますが、強い痛みは2~3日程度でその後は徐々に回復します。

 

手足口病の特効薬はありません。たいていは自然に治るので、治療の必要はありませんが、口内炎の痛みが強い時に痛みを抑えるうがい薬を使ったり、水も飲めなくなり脱水症になった場合は点滴が必要になります。


 

ウイルスの感染は、唾液や便、水疱内にいるので、よだれのついたタオル、お尻を触った手などから。潜伏期間は3~5日間程度です。手足口病は、インフルエンザや水ぼうそうのように法律で出席停止が定められた感染症ではありません。感染力がそこまで強いわけではなく、また感染しても比較的症状が軽いからです。解熱して本人の状態が良ければ、水疱が残っていても登園して大丈夫です。


(回答/小児科医 伊藤淳)