ホーム子育てを考える子育て質問箱 > 【1歳・睡眠】寝つきが悪くて毎晩たいへんです。電気を消しても布団から這い出して遊んだり、歌を歌ったり...。なかなか寝てくれません。結局寝るのは11時過ぎてしまいます。保育園でもお昼寝をあまりしないようです。寝不足にならないのか、成長に影響が出ないのかと心配です。

おやこはいま

藤原武男の研究室

子育て質問箱

【1歳・睡眠】寝つきが悪くて毎晩たいへんです。電気を消しても布団から這い出して遊んだり、歌を歌ったり...。なかなか寝てくれません。結局寝るのは11時過ぎてしまいます。保育園でもお昼寝をあまりしないようです。寝不足にならないのか、成長に影響が出ないのかと心配です。

☆をクリックすると記事に投票できます。

138

睡眠は個人差があり必ずしも何時までに寝ないといけない、1日何時間以上寝かせないといけない、というようなルールはありませんが、快適な睡眠に導くためのコツがあります。

<やった方がいいこと>

①生活リズムを乱さない

 決まった時間に寝て、起きて、ご飯を食べて。生活リズムが安定すると、体が睡眠と覚醒のリズムを覚えます。朝決まった時間に起こすことが特に大事です。大人の生活時間が乱れていると、その影響が子どもに出る場合があります。親御さん自身の生活リズムが乱れていないかも確認して下さい。

②いっぱい体を動かす

 体力があり余っていて寝ない場合があります。日中、思う存分体を使った遊びをさせてください。

③お風呂/シャワーの時間

 入眠していく時、人間の体温は徐々に下がっていきます。就寝時刻の1時間前後前にお風呂/シャワーを済ませておくと、火照った体から熱が取れて徐々に体温が下がっていき、入眠できます。逆に、お風呂から上がった直後は体が興奮状態なので、眠れません。

 

 <やってはいけないこと>

①就寝前のテレビ/パソコン/ケータイ

 モニターからの光刺激によって、脳が覚醒モードになります。見ていた内容によって興奮して眠れない場合もあります。2歳以下のお子さんの場合は、睡眠前に限らずなるべくメディアには触れさせたくないものですね。

②お昼寝の時間とタイミング

 お昼寝の時間も個人差がありますが、もし2時間以上お昼寝していたらそれは長いです。なるべく2時間以内にしましょう。また、お昼寝の時間が夕方にかかっていたらそのせいで夜の就寝時間がずれている可能性もあります。

 

 他にも「寝る前の儀式」が効果的な場合があります。毎晩寝る前に決まった何かをする、それは絵本読み聞かせかもしれませんし、スキンシップかもしれませんし、何がいいかは一人ひとり違いますが、そういったものがあると少し寝かしつけが楽になるかもしれません。


(回答/小児科医 伊藤淳)